m a - c a r o o n

まころんのおいしいもの食べた日記とつらつら備忘録
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - | -
上海 最後の晩餐
上海わんこ

上海では、今現在でも、「犬猫を食べる」習慣があるため、
わんこがふらふらしていたら、
取って食べてしまう!
・・・そんな可能性もなきにしもあらず。
なのだそうです。

・・・

ひぃぃぃ。

上海最後の夜です。
昼があんなーに、豪華だったため、夜は質素な感じになりました。
デイリーな感じのレストランへ。

高菜炒め

高菜の炒め物みたいな。
これは高菜ではないか?と思いました。
歯ざわりといい、味といい。
味付けがごま油でおいしかったです。

茎わかめ

茎わかめ
(写真がボケていてごめんなさい)
これはピリ辛で、ごはんが進むー!の味でした。

ナッツ炒め

ナッツの炒め物。
初めて食べた味でした!!
わたしは、このお食事でこれが1番好きだったかも・・・
前菜的に出てきたのですけれどね。
ナッツが油で炒めてあって、コテコテなのですけれど、
カリッ
ポリポリッ
とした、食感がとても後引く味でした。
おいしかったです!

ナスのXO醤炒め

ナスのXO醤炒め。
あれ、こないだ新宿で同じようなものを食べた覚えが・・・
ナスがお肉のように肉厚で、ぶりぶりしていておいしかった〜。

麻婆豆腐

麻婆豆腐。
麻婆豆腐の中に、ピーナッツが入っていました。
それから、お豆腐がすごく固く絞ってあって、
それで歯ごたえがぎゅっぎゅとする。
なんとも味わい深い麻婆豆腐でした。
これも初めて食べた食感。
甘い麻婆豆腐でした。

回鍋肉

回鍋肉。
だと思われます。
昼があんなにお腹いっぱいだったため、このへんでもう苦しくなってしまいました。

卵と豆腐のスープ

卵とお豆腐のスープ。
疲れた胃にとてもやさしい。

酢豚

酢豚。
日本のものとおんなじ味がする〜。
お野菜がシャキシャキに炒めてあって、食べやすかったです。

中華風茶碗蒸し

疲れた胃に・・・(以下略)
ほわほわとした卵が甘くて、とってもやわらかくて、
おいしかったです。
3回くらいお代わりしてしまいました。
(お腹いっぱいじゃなかったのかい!)

炒飯

炒飯。
米はもう、重くて・・・
ほとんど入りませんでした。
でも、ちょっといただいたら・・・
あっさりとした卵と塩味のバランスがよくて、おいしい炒飯でした。
もっと食べたかったな。

青梗菜の炒め物

青梗菜の炒めもの。
ふだんなら、バックバク食べる、菜っぱの炒めもの・・・
なのに、全然入らなかった。
本当にもったいない!!

桂魚のアクアパッツァ

上海では、海のお魚が取れないため、
お魚といえば『川魚』になるそうなのです。
そんな中いただいたのが、『桂魚』というお魚。
とても淡白な味がしました。
ねぎのソースと絡めていただきます。
ソースが。おいしかったなぁ。

外灘


そうして、上海の夜は更けていきました。
さようなら、上海。
おいしかったよ、上海。
歩きたいところもまだたくさんっ。
また行きたいな。
また会いましょう!
ありがとう、上海。


09:03 | 上海 | comments(2) | trackbacks(0)
白玉蘭
外灘

THE上海。
外灘でパチリ。
空は晴れ渡っていて、激々暑かった・・・
日本でなら、あんな暑い中、あんなとこ歩かない!
っていう感じ。
旅行が成せる業ですねぇ。

さっ、わたしの今回の上海・蘇州旅行のある1つの、クライマックス。

ホテルオークラの『白玉蘭』という中華レストランにて、
飲茶のオーダービュッフェです。
ひゃほー!

まずは前菜から・・・
ここから怒涛のお料理がテテテンッデデデーーンッと始まりました。

前菜

前菜はシンプルだったけど、とてもおいしいです。
味付けが丁寧な感じがした。
さすが、オークラだな!っていう感じだ。
これまでの庶民派レストランもそれなりにおいしかったけど、
やっぱりダントツにおいしかったのでした。
はーぁ・・・

すいかジュース

飲み物は、
メニューの中に『フレッシュジュース』欄があったので、
スイカジュースを頼んでみました。
絞りたて!だっていうところがいいよねっ。

それが、このジュース。
これがっ
史上最高にっ
旨かった!

こんなにクリーミーで、まろやかで、甘みがたっぷりとあって、
みずみずしいジュースがあっただろうか。
ああ、これは、千疋屋とどっちがおいしいだろう。
吉祥寺アトレのフレッシュジュース屋さんのよりは、確実においしい。

海老蒸し餃子

点心がさっそくやってきました。

まず、1つ目は海老蒸し餃子。
海老がぷりっぷりしていまして、
本当においしかった。
アチアチ〜言いながらいただきましたけど、
身がたっぷりーで、決してその名前負けしていない?立派な海老蒸し餃子でした。
パチパチパチッ!

鴨肉餃子

鴨肉入り餃子(だったかなー・・・確かそう)
これもおいしかった。
初めて食べる味だったけど、お肉が甘くて、柔らかくて、
ふんわりとお口でとろける味わい。
あーーうまうま。
餃子は、黒酢をつけながらいただいたのですけれど、
黒酢をつけても、餃子の味が全然消されない旨みがありました。

坦々麺

坦々麺。
辛かったです・・・
(最近、辛味を感じるようになった、まころんです)
でも、おいしかったよ。
ピーナッツの風味が香ばしく、ふんわりと香っていました。
ねぎがシャクシャクしていて、坦々の餡が甘くて(どっちだ)
おいし〜!!
ってずるずるずる・・・と食べた。
麺が日本でいつも食べている坦々麺のものより、ずっと細かったです。

坦々麺

その分、麺に坦々餡が絡まるー!!!
ちょうどおいしいところをパチリ・・・あぁうっとり。
おいしいもの食べているとうっとりするよねーぇ。

ごま団子

ごま団子です。
日本のものより、2〜3回り小ぶりな感じ。
ごま団子ってただ甘ったるい餡子が入っている印象なので、
いつもなら食べないのですけれど。
今までの点心たちのできばえから、ふぬ!っと思い、行ってみた。
・・・おぉ、ここのは違うね!
甘すぎず。
餡がほどよく硬くて、
お団子部分も歯ごたえがキュッキュとあって、
おいしいのです。
オーダーしてみるべし。

ごま団子

中はこんな感じ。
餡がぼそぼそしていません。わりとしっとり。いい感じ!
蒸し加減がいいんだろうなぁ。

そして、小龍包。

小龍包

わたくし・・・
小龍包というものを、正しく食べたのは、初めて。だったのかもしれません。
れんげでほいとすくってみると・・・

小龍包

(かろうじて)乗った!!!
どうやって、食べよう?
スープがすごいってウワサよね。
ウッフフフ〜・・・

さて、一口かじると・・・

小龍包

どどーーー!!と、
スープが溢れだした!!!
そして、あっというまに滴り落つるスープ・・・
あぁ・・・!
行ってしまうー!
待ってー!
ささーっとれんげと交錯したわたしは、ずずーっと一気にすすりました。
間一髪!
うんまーい!あちい!
小龍包とはこれか。
みんながうまいうまいと言っているものは、これだったのか!
そりゃー、みんなおいしいはずだわな。
本当においしいよー。
わたしは、上海でこうして小龍包にありつけて、しあわせ〜。
はふーん。

焼餃子

焼き餃子。
ぷりんっころんっ
とした形。
皮がしっかりとしていて、焼き目が強くて、おいしい!!
吉祥寺の(わたしの比較レベルって一体・・・)竹田製麺所の皮より、おいしいかも!!
それくらい皮がしっかりしていました。
おいしいー。
おいしいわー。
(あぁ、まるでコメントが1本調子でスミマセン、本当においしいとそれしか言えなくて)

春巻き

春巻き。
わたしが、生まれてきてこのかた、食べた春巻きの中で、
1番、
・・・皮が薄い!!!
パリッパリッ!
サクッサクッッ!!
ぎゃーーこんな春巻きがあったんだ。
お箸を入れた途端、サクッとなり、「はっ・・・」とギクリとしたものの、
崩れる前に一気にお口に運ぶ。
シャクシャクシャク・・・シャクッ・・・
こんなにサクサクだとおいしい度もぐーんと揚がり×→上がります。
おいしいよねー。
もっと食べたい。
けど、そろそろ・・・お腹に入らない・・・ウソだよね。
ちょ、ちょっと待ってーぃ。
わたしのお腹、がんばれ。

パイ包み揚げ

湯葉包み揚げ。
う、大きい・・・このお腹の満足度から言って、
かなり手ごわい敵(敵・・・じゃないない)でしたが、
かぶりつく!!
おいしいよー。
今でもこの味が思い出せるよー。
重なり合った湯葉が軽く、パリパリに揚げてあって、黒酢をつけてあっさりいただけました。
これで、4人前だからね。
すごい量だよね!

大根餅

大根餅。
小さいんだけど、食べ応え十分。
もっちりモチモチしていて、
これもおいしい。
もうね、本当、どれもおいしいんだから!!!
フンッ(大きく鼻を鳴らす)
フンフンッ

スープまんじゅう

「スープまんじゅうデス・・・」
と運ばれてきました。

な、なにそれ・・・
(でっかい小龍包じゃん)
って思ったけど、
もうなりふり構わず、食べてみる!
でも、名前だけあるので、
スープのいきなりの登場を用心して、
れんげに乗っけてみる。
大きすぎて乗らない・・・(写真なし)
かじってみる!
ジュワーー!
スープが溢れだす!!
これかー!!
小龍包のボス。
って感じでした。
超うまかったです。
軽く肉まんくらいありました。
本当・・・

海老蒸ししゅうまい

海老入りしゅうまい。

プリップリとした食感でしたー。
おいしかったー・・・
ここまで揚げもののボリューミィな点心が続いたので、
ここであっさりとした味つけに、
アレ、お箸が進む・・・
パクパクと食べられる。
でーもー、
かなりのお腹いっぱい度で、もう・・・ムリ・・・あー、マンゴープリンも頼んだんだよなー。
って遠い目になっていました。
もう少しで(満腹から)泡吹きそうでした。

春雨とハムの揚げ餅

忘れたころにやってきたよ・・・
春雨とハムの揚げ餅。

メニューにあって、『揚げ餅』というその名に目を奪われ、
思わずオーダーしてしまったもの。
想像と全然違うものがやってキター!
でも、これがまたっ
すごくおいしくて・・・!
もう本当においしくて、感動しました。
これこそ、また食べたい。
絶対食べたい!
メロンパンのような層になったパイ生地の中に具がみっしり入っていて、
あっついのだけれど、
このパイ生地的な餅部分(おそらく)が、
本当にサックサクで、カリカリしていて、
メロンパン大好きのわたし好みの、味わいなのでした。
おいしいよーー・・・涙、大泣きです。(ウソです、泣いてません)

マンゴープリン

キター!
マンゴープリン。
ついにグランドフィナーレなのね。
ここまでよくがんばったね、わたし。
でも、もう食べるのは・・・
ムリ、かもしれない。
こんなにはちきれそうなくらい満腹。

マンゴープリン

一口いただく。

ハゥゥワー!!!
超おいしいっ!
一重にマンゴープリンと言っても、
プリンのようなムースのような部分と、
ソースがかかった部分との二層に分かれていて、
プリンにソースがかかっているようになっているのだ。

こ、これは、おいしい。
今まで食べてきたマンゴープリンと全然ちがうよ!!
おいしくて、
これまでの点心とは味わいが全然違うし、
また、まーた、パクパク食べる。
1つ食べて、本当にギブだったけど、
お腹に余裕があれば、もう2つ、3つといただきたい、本当においしいマンゴープリンでした。

と、そこにまたやってきた・・・!

杏仁豆腐 

杏仁豆腐。

こいつも残っていたか!

でもこれで本当に最後ね。
ありがとうありがとう・・・
と、噛みしめながら、あれだけお腹いっぱいだとか、はちきれそうとか言いながら、
この杏仁豆腐もスルスルとお腹に入っていく。
うぅ、おいしい・・・
唸るわたし。
お上品な味でした。

以上です。

メニューはこの倍、3倍くらいあって、
食べれるものなら、制覇したい!!!
って思うくらい、
どの品も手を抜いていなくて、おいしかったです。
最高に。

あぁ、また食べたい!!!
絶対行くぞ、白玉蘭。
ありがとう、白玉蘭。
オークラの中に入っているだけあってサービスもバッチリです。
テーブルにさりげに置かれたジャスミンティーもおいしかった。


16:33 | 上海 | comments(0) | trackbacks(0)
松鼠桂魚

虎丘

「おそらく、39度くらいあります」
と、ガイドさんは言った。

・・・39・・・・死ねる。
暑い。あぢいいいーーーー!!!

意識が半ば朦朧としながら、『虎丘』という地を訪れ、
水をガボガボのみ、
このあと『盤門』というところを見て回って、ようやくホテルへ。
ゼェゼェハァハァ。
暑すぎて、茹だるかと思った・・・

夜ごはんは、蘇州名物の『松鼠桂魚』(しょうそけいぎょ)というお魚料理でした。

地ビール

まずは、地ビールで乾杯!!!
くぅ。
冷えたビールが喉にしみるぜ!!
くぅくぅ。
うまいぜー!!

そして、お料理が続々と(いつもの展開ですね)到着。
例のお魚もやってきましたよー。


松鼠桂魚

こ、これかー!!
ん?
小さい。
小さいな・・・・
これが8人前だとすると、少し小さくないか??
鱸的なお魚を揚げて、甘酢あんかけにしてあるとのこと。
1番最初にお箸をつけさせていただきました。
ホロリとはがれる身。
じゅわーと甘酢あんが中に入り込んで、湯気がほわあーっと。
おおお。
うまそう。

一口食べた。
うまい!!!
お魚は白身のお魚で、カラリと揚がった衣と甘酢あんとお魚の自然な甘みが、
溶け合ってるー!!
もっともっと、食べたかったけど、ホラ、協調性っていうのがあるじゃない。そうじゃない。
ガマンしておきました。

チャーハン

定番のチャーハン。
しっとりしているように見えて、
味は、昼のそれよりおいしかった!
塩味がしっかりしていて、パクパク食べました。
食べても食べても、砂山のようにこんもり盛られたチャーハンはなくなる・・・
なんてことはないのでした。

切り干し炒め

切り干し大根をピリリとピリ辛炒めにしたような・・・?
そんなお料理。
きのこやもやし、細切り豚肉なんかも入っていました。
きっと、『野菜炒め』っていうところでしょう。
辛さがちょうどよく、こちらは完食。
フッ、うまかった。

海鮮おこげ

海鮮おこげー!!
おこげ大好き。
おこげがとってもさっくさくで、
やっぱり本場は違うね!
うまいね!!
とこちらも完食。フフフッ

青菜の炒め

青菜炒め。
チャーハンと同様塩加減がちょうどいい。
こちらのレストランは、塩味がおいしくて絶妙でした。
大事よね。
こちらも完食・・・
ということは?!
そう、夜ごはんはほぼ全て、たいらげてしまったのです。
恐るべし、わたしの胃。

トマトスープ

最後に、スーラー湯・・・かと思ったら、スーラーではありませんでした。
トマトと卵のやわらかい味わいのスープ。
これはこれでおいしかった。
酢を入れたらもっとおいしかっただろうねぇ!
3杯くらいお代わりをしてしまいました。

あーーー夜もお腹いっぱい・・・!!!




02:12 | 上海 | comments(0) | trackbacks(0)
上海・蘇州の旅 蘇州編
蓮の花

7月の最後の週末を利用して、4日間上海・蘇州を回る旅行に行ってきました。

今回は!(毎回だろ・・・w)
美食ツアーになりました。

ごはんが、とーーーってもおいしく、
まころんは、「おいひー!!!」と絶叫しながら、
もぐもぐもぐ・・・とほぼエンドレスで食べてきました。

本当においしかった。

では、まず蘇州でいただいたお料理から。

昼は、レストランにて点心料理と炒め物のごはんを食べました。

豚肉とくわいの炒め物。

豚肉とくわい炒め

くわい、初めて食べたかも。
じゃがいもみたいな、焼いたにんにくみたいな、ほくほくしていておいしい食感。
すごい気に入りました!!
くわいばかり食べてしまった気がする。
最初から、「ああ、うまいわー!」と堪能しました。
豚コマがきっと片栗粉を絡めて、揚げてあって、
甘い味付けながら、甘すぎずに美味。
ああ、思い出しても・・・

青菜と焼麩のスープ。

焼麩のスープ

見た目、脂っこいかな?
と思ったけれど、飲んでみると、とってもあっさり。
これは焼麩なのかなー・・・と若干の疑問も残りますが、まぁおいしかった。
うっすら感じる塩味でした。
浮かんでいる麩が、なんともうまくて、ずるずる食べました。(大きくてちぎれない)


中華ちまき。

中華ちまき

中には、甘いごはんが入っていました。
ごはんがね、とても甘いのよ。
もち米なのだけれど、砂糖で味付けしてあったのではないか?
わたし的には、味つけが気に入って、バクバク食べました。


春巻き。

春巻き

皮がとってもうすくて、パリパリ!!
ふだん食べている春巻きよりずっと、パリパリ!
1人で3つか4つくらい食べてしまいました。
おいすぃかったー。
中には、青菜と春雨が入っていました。

蒸し餃子。

蒸し餃子

中国では、
餃子は蒸してあったり、水餃子であったりする方が一般的みたいです。
今度は、この皮はもっちりしていて、
中の餡のお肉にも味付けがしてあって、おいしかった。

いんげんの炒め物。

いんげん炒め

あっさり塩味。
食感がぽりぽりとおいしく、何度もお代わりしました。

水餃子。

水餃子

スープにたくさん餃子が浮かんでる!!!
高まる!!←

水餃子の中はこんな感じ。

水餃子 

蒸し餃子とほとんど変わらない餡なのだけれど、
こっちはまた違う味わいが。
おいしかったです・・・(それしか言えないのか!)

という具合で、写真に収まっているのは半分くらいでした。
もう半分、品数があるのです!
しゅうまいとか
炒飯とか
こんにゃくの炒め物、
空芯菜の炒め物・・・
あと忘れた。

次から次へと、お料理が運ばれ、
どんどんとお腹の中に納まっていくので、
写真を撮っているヒマがなかったという。
そんな感じで、
いきなりどっさり、いただいてしまって、超満腹!
ということになりました。

つづく・・・


20:30 | 上海 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
   
 
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MEMO
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS


CLICK PLEASE


SPONSORED LINKS
 


Search this site.